加東市の地域の声が聞こえる観光情報サイト
加東市観光情報サイト―KIZUNA―--加東市の地域の声が聞こえる観光情報サイト

One Response to “加東遺産閑話その4:朝光寺・阿弥陀堂跡”

  1. 小紫 正和 より:

    図書館で朝光寺本堂修理工事報告書を借りてきました。この報告書の寺の建物配置絵図によれば「阿弥陀堂」は三間半梁(間口)、桁行(奥行)四間四尺九寸と記載されており、また、現地での礎石は間口3個、奥に5個配置されてました。3個は間口奥行きとも同寸で、その奥2個は多少寸法が短く、須弥壇等があったものと推測されました。礎石間は約3歩でした。

コメントする

Comments links could be nofollow free.